お肌の悩み

アトピー・主婦湿疹・乾燥・しわ・しみ・くすみ

例えば化粧水や乳液などの医薬部外品で「メラニン色素生成を抑制し日焼け・しみ・そばかすを防ぐ」美白効果が期待できるわけですが、通常医薬部外品としての許可を得るためには何らかの有効と思える
薬効を付与しなければなりませんが普通の基礎化粧品にビタミンC誘導体などの美白剤を加えるだけで簡単に許可されるそうです。
 
*医薬部外品になれば指定成分のみ表示し全成分を表示する義務が無くなります。
つまり何を配合しているのか表示しないで済むのです。

危険性の疑われている成分が入っていることを消費者に知られずに済むという理由で、2001年の全成分表示義務の開始に併せて、多くのメーカーが一斉に医薬部外品の美白化粧品を売り出すようになった。
『バカがつける化粧品』より引用 著者・小澤王春氏)

表皮を生き生きさせる化粧品は、肌のターンオーバーをおくらせるものだということ。化粧水をつけて潤う肌は、肌自身の潤いがない乾いた肌だということ。
そして、いずれシワに悩むことになるということ。

何の疑問も抱かずに、今お使いの化粧品を使い続けますか?肌が荒れるのは化粧品が原因なのだということに早く気づいてください。

そして、

皮膚の健康に役立つ薬効成分を皮膚の表面につけても、まったく役に立ちません。
又、皮膚の内部組織の化学を解説して、皮膚構成成分の一つであるヒアルロン酸やアミノ酸が重要だといって化粧品に配合しても、その成分があなたの皮膚細胞を若返らせることはありません。

化粧品には表皮の表面に塗るもので、皮膚の中に染み込ませるものではない、という前提があります。強引に皮膚に水を注入させ、皮膚を膨張させれば目尻のシワは簡単に消せます。しかし、モノの出し入れを続ければ続けるほど、皮膚のバリア機能は壊れていきます。皮膚には壊れた組織を回復させる再生力もありますが、こんなことを何年も続けていたら、その力も尽きてしまいます。

角質層の表面が荒れているときや、傷などができて組織がむき出しになった場合は、その部分に化粧品が必然的に染み込んでしまうこともあります。本来、化粧品はそういう傷ついた部分を固い壁に変えて補強すべき商品なのです。

こういう知識は基本的な皮膚のしくみからしか知ることができないのです。

1.化粧品は皮膚の表面に塗るもの、皮膚の内部に浸透させてはならない。
2.表皮は真皮を守る壁であり、異物の侵入を防ぐ壁である。
3.表皮は早死にすべき細胞であり、若返らせるものではない。
4.全成分表示制度は、危険になった化粧品から体を守るための制度である。

過激に警告、でも読んで納得、「バカがつける化粧品」真相編。メタモル出版 定価(本体1600円+税)

小澤王春 最新刊 「騙す化粧品」(荒れ肌・老い肌・乾燥肌になるのは当たり前)より引用

このような商品を私たちは有り難がって使っているのが現実なのです。そしてお肌のトラブルを起こしている。

もっと賢明に選択をするのはあなた自身なのですから・・・・・

 当店の商品は傷ついてしまったお肌でも浸透してお肌を正常に整える商品です。

アトピー、アレルギー、主婦湿疹などのトラブル。その原因は…?

アトピー性皮膚炎、主婦湿疹やぜんそく、花粉症、アレルギーの根本的な原因は同じであると言ったら驚かれますか?
アトピー性皮膚炎の原因を突き止めるために多くの研究者が研究を続けた結果、免疫細胞などの異常によるものである事が解明されてきました。

主婦湿疹、手湿疹、かぶれについては、こちらでも解説。

私たちの体を守ってくれる「免疫作用」

細胞の異常は何故起きるようになってしまったのでしょうか?
人間の体の中には私たちを様々な細菌や怪我、病気などから守ってくれる「免疫作用」という働きをするものが存在しています。血液中にある「食細胞」や「免疫マスト細胞」などがそれになります。この「マスト細胞」は、沢山の細胞の中から選ばれた細胞で、胸腺の中に入り免疫細胞になる細胞です。「食細胞」と言われる細胞は、血液中に存在するもので、細菌などが人体に侵入してくるとその細菌を取り囲み、活性酸素で細菌を溶かして私たちを様々な障害から守ってくれています。私たちの体は、細胞の集団や骨などで出来ています。この細胞や骨を維持し作り出すために、私たちは食事をし水を飲み空気を吸っている訳です。

アレルギー大国と呼ばれているのは日本とアメリカですが、日本では約28年位前から、アメリカでは25年前からアレルギーに悩まされている人々が増加してきました。アレルギーが多発するようになったのは戦後からなのです。ではなぜ、先進国と言われている国に多くのアレルギー患者が何故存在するのでしょうか?

人間の体は空気、水、食物で成り立っています

アメリカに居住している、アーミッシュと言う種族がいます。敬虔なカソリックで、自然に逆らう事をせずに100年前の生活を今も続けている種族です。同じアメリカに住みながら、彼らにはアトピー、アレルギー、主婦湿疹などが皆無と言う程にありません。では、アーミッシュとアメリカ人の違いは何なのでしょうか?それは機密性に富んだ住宅とエアコン、便利な食生活、消毒された水、快適で便利な生活の全てがアーミッシュとは違っています。日本人の生活もアメリカ人と同様に便利な食生活と快適な住空間の中と消毒水に囲まれています。この生活習慣の全てが細胞の変化につながっているとしか言いようが無いのです。

様々な研究家たちが、この環境の変化によって人間の細胞が変化したのではないかと考え、ついにアレルギーの原因を突き止めました。環境の変化によってマスト細胞と活性酸素に異常がおきて、本来なら様々な障害から私たちを守ってくれていたはずの免疫細胞たちが反乱をおこし、健康細胞を破壊する悪玉と変化している事を解明したのです。この反乱を押さえるために必要なSOD酵素が正常に働かずに細胞が反乱をおこしてしまったのです。活性酸素と言う免疫作用は体を守るために必要な作用ですが、通常は全体の2%ほどしかなく私たちに有益な作用をしてくれていますが、この活性酸素が増殖すると健康な細胞や免疫マスト細胞をも破壊する大変にやっかいな悪玉となってしまいます。また、SOD作用が弱いと身体にも様々な異常が出て来ます。たとえば、心臓病、白内障、ぜんそく、花粉症、冷え性、肝炎、腎炎、リウマチ、糖尿病、生理不順等あげればキリがありません。SOD作用が弱くなると人間は様々な障害を克服する力がなくなり、様々な病気を抱え込むことになってしまうのです。

この細胞の反乱を防ぐには、

  • SOD酵素を強化する事
  • 活性酸素を消去する事
  • 健康細胞を増やして行く事
  • 食生活に注意する事
  • きれいな水を一日2リットル以上摂取して細胞内の水を入れ替える事

などが大切だと言えます。

アーミッシュにアレルギーが全く存在しないのは、昔と同じ無農薬の野菜、消毒されていない水、快適でない生活が活性酸素の増加を防いでいるからなのです。現代の食生活や空気汚染など、現代社会が様々なトラブルを発生させている事がよく判ります。長い時間をかけて私たち人間が快適を望んだためのつけが、アレルギー発生率世界第2位という結果になってしまったのです。

写真の上にカーソルを置いてみて!!

対策等

1)食事に充分気をつけましょう。

肉類(ハム、ソーセージ等も)、練物(かまぼこ、ちくわ等)、乳製品、油分の過剰摂取は控えましょう。穀物、根菜(だいこん、ごぼう等)、緑黄赤などの色の濃い野菜、海草、新鮮な魚介類、豆類を中心にした食事に切り替えましょう。スナック菓子、クッキー、せんべい、ケーキ、ラーメン、コーヒー、缶ジュースなどの摂取は控えるように心がけましょう。白米を玄米か胚芽米に変えましょう。昔のおばあちゃんたちがしていた食事を心がけていきましょう。

2)綺麗な水を一日に2リットル飲みましょう。

セラミック粒添加などで活性化された水素イオン、ミネラル分の多い水を2リットル以上は飲みましょう。

3)SOD作用を強化するためにサプリメント機能食品をきちんと摂取しましょう。

SOD作用酵素の働きは、体内に侵入して来た外敵と戦う酵素作用ですが、このSOD作用が弱いために様々な症状として表面に現れてくるのが皮膚トラブルです。

4)家でのケアをきちんとしましょう。

睡眠不足、ストレス、過労などでも活性酸素が増加し悪化するので注意しましょう。

5)薬に頼る体質を改善しましょう。

薬には必ず副作用がある、大変危険性の高いものであるという認識を持ちましょう。

6)家での毎日の生活習慣に気をつけましょう。

アトピーは自然に逆らってきたために、今あだ討ちをされているようなものです。一人の責任ではありません。親、祖父母から伝えられた細胞の不完全によるものです。気楽に便利さとつき合ってきた仕返しをされているのです。自分のせいではないからとほっておけば、貴女の子供がもっと酷い目に合うことになってしまいます。

7)お風呂にも消毒薬がたくさんあります。

お風呂用のセラミックやヒノキチオール、みかんの皮を干して煎じた物、ビワの葉などを入れてきれいなお風呂に入りましょう。アトピー、にきび、湿疹、敏感肌の方はSOD作用酵素が弱いという共通している原因を持っています。

アトピー・アレルギーについて1

体験談

滑川の過去の体験談

>>あぶない!化粧品被害

>>私の化粧品&ステロイド被害体験

>>静かな悪魔に私自身が侵されて・・

水虫&主婦湿疹

[30代/主婦/静岡県]
結婚して13年になる主婦です。結婚当初、結婚指輪をはめたままはずす事も無く炊事、洗濯など家事をしていました。指輪の間に洗剤が入ったりしたせいなのか?半年もしないうちに、左手の薬指に湿疹が出来て痒くなりました。指輪はすぐにはずしました。しかし薬指だけにとどまっていたのであまり気にもとめませんでした。1人目を出産した後、抵抗力が弱っていたりしたせいなのかみるみるうちに両手に広がってしまいました。

>>続きを読む

愛しい我が子の為に・・・ステロイドからの脱出

[30代/主婦/神奈川県]
私の主婦湿疹との付き合いはもう15年になります。初めて症状が出たときは「洗剤にでもかぶれたのかな?」くらいに思って、早々に皮膚科へ行きました。もらった薬であっという間に治ったように見えました。でも、何ヶ月かするとまた同じ様な症状が・・・また、皮膚科へ行きました。するとまたすぐに治まって・・・その繰り返しで気が付けば15年もの年月が経っていました。

>>続きを読む

湿疹・ステロイドの恐ろしさを体験して

[40代/千葉県]
皮膚科から頂いたステロイドを気楽に使ってしまった時全身からリンパ液が・・・
お顔と首からはリンパ液が・・・そして頑固な主婦湿疹へと・・・
>>続きを読む

▲上へ戻る

お客様の声
日々のお手入れ方法
商品のご案内
エステメニュー
サロンのご案内
お問い合わせ