バカが使う化粧品

以前にも投稿しましたがまだまだ既存の理論に洗脳されて頭の切り替えが出来ていない方々の多さに脅威を感じています。

自分の大切なたった一つのお肌は賢く自分で守る。

例えば化粧水や乳液などの医薬部外品で「メラニン色素生成を抑制し日焼け・しみ・そばかすを防ぐ」美白効果が期待できるわけですが、通常医薬部外品としての許可を得るためには何らかの有効と思える.。

薬効を付与しなければなりませんが普通の基礎化粧品にビタミンC誘導体などの美白剤を加えるだけで簡単に許可されるそうです。

*医薬部外品になれば指定成分のみ表示し全成分を表示する義務が無くなります。
つまり何を配合しているのか表示しないで済むのです。

危険性の疑われている成分が入っていることを消費者に知られずに済むという理由で、2001年の全成分表示義務の開始に併せて、多くのメーカーが一斉に医薬部外品の美白化粧品を売り出すようになりました。

『バカがつける化粧品』より引用 著者・小澤王春氏)

★表皮を生き生きさせる化粧品は、肌のターンオーバーをおくらせるものだということ。
★化粧水をつけて潤う肌は、肌自身の潤いがない乾いた肌だということ。
★そして、いずれシワに悩むことになるということ。

★何の疑問も抱かずに、今お使いの化粧品を使い続けますか?
★肌が荒れるのは化粧品が原因なのだということに早く気づいてください。

宣伝やマスメディアに乗せられて間違いに気が付く事をしなければご自分の肌を虐めているのです。

肌の美しさは水分量で決まると言えます。お肌の水分量は40%~50%あれば美しいお肌と言えるのです。皮脂量と水分量のバランスは2:8

皆さんが使用している化粧品の正体を知っておきましょう。

皮脂量が多く水分量が少ない皮脂量がしっとり感を作り出して綺麗な肌だと勘違いをさせている事を知りましょう。

水分量の少ないお肌は、新陳代謝の悪くなりスムーズに入れ替えが出来ない肌になりシミやシワの原因になります。

水分量の少ない肌は、張りと弾力を失います。

肌に良い化粧品を使えばお肌は自然に美しいになって行くのです。

クア・エナジーのAECローションやAECジェルを30数年間使い続けた
結果の数値です。
水分量56% 皮脂量18% 
肌弾力最高