主婦湿疹・手湿疹が綺麗に治って お客様からの便り

image211111私は、もともと皮膚が弱いので、家族がいいと思って使っている石鹸やシャンプー、化繊の下着などにすぐ拒否反応が出てしまいます。

皮膚に異常が出れば皮膚科へ行くということが、幼い頃からごく普通の事だと思っていました。

私は、アトピー性皮膚炎でニキビも出来ていたので乾燥肌なのか脂性肌なのか

判断が難しくどうしようもなく面倒な肌質で、悩みは尽きませんでした。

ニキビが落ち着いてきた高校3年生ごろ、右手に痒いものが出来始めました。

いつものように「何かまた変なものが発生か?!」という思いを抱きながら

そのままにしていたのです。

大学生になって何か物を持つと汁が付いてしまうほどでみかんの皮もむけない状態でした。
指の水疱が目立ってきて、自分でも嫌になっていました。

表現は不気味ですが、イクラの塊が指にくっついたような感じだったと思います。

さっそく、皮膚科に行きました。ステロイドで一時的に治まっただけで湿疹は良くなりませんでした。

結局3ヶ所の皮膚科に行ったのに、いつまでもすっきり治らないので精神的にとても疲れてしまいました。
このまま治らないで一生、皮膚科と縁が切れない生活をして行かなければならないのか?

このような手では、何も出来ないと真剣に悩んで暗い気持ちになってしまいました。

そのころ、手の痒みは左右の指にどんどん広がっていて、これをどうやって治したらいいのかインタ-ネットで検索を始めてみました。

その時、初めて私の手が「主婦湿疹」であるということが分かりました。

皮膚科では、一度も病名を言われたことがないのに・・・。

どうしても、手荒れを治したいという気持ちが強く検索で

クア・エナジーさんのHPへヒットした時は、もうほとんど迷いはありませんでした。

注文のメールを出すと返事が来て色々なアドバイスや好転反応の話など

何度もやり取りをして覚悟を決めないと改善されないなどと

返事をもらいましたが商品はまだ送ってくれませんでした。

早く治療に入りたいという一心でした。

滑川さんがいろいろアドバイスをして下さったということが、私を安心させてくれました。

治療を開始したのは、昨年の10月秋ごろちょうど卒論の仕上げの時期で

あまり外出もしないで治療に専念出来るのではと思ましたし社会人になるまでにきれいな手になりたいと思っていました。

その頃は、まだ冬でもないのに、アカギレができて大変でした。

皮膚科のステロイド薬を中断してから、指は赤く腫れあがっていました。これがステロイドの拒否反応だったのですね。

皮膚が張って、指が自由に動かず、まるでマネキンのような手になっていました。

この頃は、洗顔や入浴、日常の手洗いなど、毎日、全てが憂鬱でした。

青紫色の血色の悪い手は、恥ずかしくて誰にも見せられないので、外出するときは、

バンドエイドを貼って隠していました。

アトピーや湿疹の原因が体内にあると言う事でしたのでSOD様作用食品も一緒に飲み始めました。

使い始めて一週間が経過して顔と額のカサカサが消えました。

口の周りとか首筋はまだでしたがなんだか、顔全体に薄い膜を張ったようにツヤツヤしてきたような気がしました。

洗顔後に顔が突っ張ってしまいジェルを塗ってようやく回復しますが、このつっぱり感はとても不快でした。

つっぱったままになるのではないかしら?などと思っていました。

使い始めて一ヶ月半くらいになると手指は10本のうち2本位は外見がきれいに見えるようになってきました。

以前より痒みがおまってきているような気もしました。

あんなにメチャクチャにかゆくて、汁の出方もひどかったのが、この頃には半分以下になっていました。

しかし、後はまだ繰り返しが続いている状態でした。

ローションをたっぷり含んだコットンで、ゴシゴシ擦ることは、今までだったら考えられないことでしたが、

滑川さんからゴシゴシやってますか?メールが来るので結構ゴシゴシとやっていたと思います。

痒いから擦ると、水疱が潰れて、そのうちに乾燥して治ってくる。

そして、また痒くなる。しばらくこの繰り返しだったので本当に治るのかと途中で本当に疑いたくなりました。

不安感もありましたがメールで本当にこれでいいのか?と問うと根気良くゴシゴシしてね。

と返事がくるので早く良くなりたいし信頼してやり始めた以上、根気よく頑張るしかないと思い続けていました。

そして3ヶ月が過ぎました。

手の湿疹はかなり落ち着いて来ましたが痒みがたまに突然発生することもあるのでもう少し辛抱強く頑張ってみようと思いました。

手の赤みと乾燥、アカギレ、爪の変形は、寒さを越える時期までにきれいになって欲しいとも思っていました。

この頃は、まだ完全に治っていないのですが治る可能性が徐々に見えてきたことが

何だかとても嬉しくてせっかく良い状態になってきたので中途半端で終わらせる

ことなく完治するまで頑張ろうと思いました。

毎年、寒くなると顔の乾燥がひどくてお化粧があまり出来ませんでしたが、

今年はほとんど乾燥しません。ローションとジェルのおかげでしょうか?!

この頃になるとめっきりローションの減りも遅くなって来ました。

年明けの頃から、手の血色がだんだん良くなって来て痒みの範囲が次第に小さくなっていきました。

今は、人前に手を出せるようになりました。あんなに皮膚科に通っていたのに今は全く行っていません。

もう、二度と戻りたくないあの頃の手。これからも、手入れを根気よく続けて行こうと思っています。

image20111111111image211111
http://qua-e.com